日本医療福祉設備協会とは

本会は、昭和28年にわが国病院設備の研究、改善および普及を図ることを目的として設立されました。そして、日本病院設備協会の名称で、病院諸設備の技術開発を推進し、患者の健康回復への最適な環境づくりに努力して来ました。

しかしその後、取り扱う対象が従来の純粋に病院の設備であった時代から、より幅の広い領域に徐々に広がって来たために本会の活動内容が多様化して「病院設備」という言葉では表現しきれなくなって来ました。

そこで平成11年5月、「医療、福祉および保健」への拡がりを表現するのにふさわしいものとして、日本医療福祉設備協会と名称変更し、本会の目的を「医療、福祉および保健に関する設備・機器の研究、改善ならびに普及を図ること」としました。

本会は、病院その他の医療、福祉施設の経営者、医師、看護師、設備管理者、栄養士、技師(士)や、関係分野の学識経験者、建築・設備設計者、施工者、さらにメーカーや商社など医療、福祉および保健に関する設備・機器に関係のある方々を会員として幅広く構成された、学際的業際的なユニークな協会です。

本会は、医療、福祉および保健に関する設備・機器の調査、研究とその発表、資料の収集、研究誌の刊行、研修、指導ならびに規格の制定とその普及などの事業を通じて協会活動をさらに活発なものとしていきたいと思います。
この趣旨にご賛同いただき、一緒に研究、改善を進めていこうとお考えの方、情報交流を図っていこうと思われる方は、本会にご入会になりご尽力いただきますよう、ご案内申しあげます。