学会長挨拶

ご 挨 拶

一般社団法人日本医療福祉設備協会が主催しております「日本医療福祉設備学会」は、本年で第41回を迎え、11月14日(水)~11月15日(木)の2日間、東京ビッグサイトにて開催いたします。また、併設展示HOSPEX Japan 2012は、例年通り一般社団法人日本能率協会との共催により11月14日(水)~11月16日(金)に開催されます。

昨年は東日本が未曽有の大震災に見舞われ、日本人にとってものの考え方、価値観といったことを根本的に考えさせられる年となりました。東日本の多くの医療施設が、事業の継続に大きな支障をきたし、また関東においては計画停電による停電対策に追われる非常事態となりました。医療施設の設備に拘わる私達として、災害時対応を含め医療施設の運用のあり方から設計、設備機器、エネルギーシステムのデザインといった周辺領域まで、これまでの発想をリセットしての再構築が迫られております。そこで本年の第41回学会のメインテーマを「ホスピタルエンジニアリングを取りまく新たな潮流/ Current trends surrounding Hospital Engineering」とし、経済の停滞が続く中での高齢化社会の進行といった問題も含め、皆様方と考えていく機会といたしたいと思います。

また本年は3年前の第38回学会に続き、当協会大久保憲副会長が大会長を務められます「東アジア感染制御カンファレンスEast Asian Conference on Infection Control and Prevention(EACIC)」との合同セッションを行います。韓国、中国からの参加者を主に世界からの参加者とのグローバルな視点でのセッションが企画されます。会員をはじめ、関係の皆様方の多数のご参加をお待ちしております。

第41回日本医療福祉設備学会学会長
森村 潔(株式会社森村設計 代表取締役社長)