ご 挨 拶

 一般社団法人日本医療福祉設備協会が主催する「第46回日本医療福祉設備学会」は11月21日(火)と22日(水)の2日間、東京ビッグサイトにおいて開催されます。また併設のHOSPEX Japan2017は一般社団法人日本能率協会との共催で11月20日(月)から22日(水)の3日間、同時開催されます。

 超高齢社会の先頭を行く日本の医療と福祉、またそのシステムや技術については、その動向を世界が注目しています。一方、それらを取巻く社会環境は、経済的にも人的資源としても大きな課題をかかえています。この厳しい状況の中で、人々の健康で幸福な生活を守り、維持していくには、ますます発展した技術開発が期待されていると思います。一方、何よりも人と人との接触、コミュニケーションによって癒される場面は数知れずあり、それはこれからも最も多く期待されるものでもあります。こうした問題意識から第46回日本医療福祉設備協会では「人と技術の協働-ヘルスケア・エンジニアリングのあした」とテーマ設定しました。「あした」には「幕開けである朝」と「近未来としての明日」を兼ねました。医療・介護・工学・経営学にまたがる幅広い分野融合による先進専門情報が展開される場を提供し、医療・福祉・保健に関する設備・機器の総合的な学術情報に関する議論の提供を目指します。

 プログラムとしては基調講演「地域包括ケア提供のためのICTを考える」(神野正博氏:社会医療法人財団董仙会理事長・全日本病院協会副会長・中央社会保険医療協議会委員・日本版CCRC構想有識者会議委員)ならびに「異領域からのメッセージ:自動運転技術への取り組みと課題」(岩崎克彦氏:トヨタ自動車)、「東京2020パラリンピックがもたらすレガシー」(木村敬一氏:パラリンピックメダリスト)など、当協会とは異なる領域の方にもご登壇を依頼し、少し医療・福祉とは別な学際的な視点で当学会の意味を考える講演も設定しました。もちろん「転倒・転落と技術」「手術を支える人と技術」「感染制御と医療施設」など当学会の本流としてのシンポジウムは多くの方のご期待に沿えるものと思います。また昨年の講演に関連するHEAJ委員会特別企画「中国の手術室における中央換気方式と 手術部位感染予防対策」やHEAJ & JIHa共催企画「東アジアの病院建築事情」の国際企画などの企画セッションを設けました。講演は6本、シンポジウム6本、委員会企画4本など多彩なセッションを設定できましたので、ご期待ください。また、一般演題は医療・福祉の幅広い範囲から72題の登録をいただきました。さらに一昨年に始まった学会とHOSPEX Japanを繋げる企画として「サテライトセッション」が学会前日(HOSPEX初日)に開催されます。

今回の学会を企画するに当たり、小林健一副学会長、横井郁子副学会長を始め、多くのプログラム委員、日本医療福祉設備協会理事の方々と協会事務局のご協力により、すばらしいプログラムを企画することができました。今学会で、ヘルスケア・エンジニアリングに関わる多くの皆様のご参加をいただき、活発な議論をしていただければ、主催関係者の望外の喜びです。

第46回日本医療福祉設備学会
学会長  中山  茂樹