第47回日本医療福祉設備学会では、医療・福祉の「設備」に関する分野に限らず、医療(病院)・福祉施設を取りまく多くの専門領域から、さまざまな分野の演題を募集いたします。

また、恒例となりました優秀演題の表彰を、本年も企画しております。
当学会の場で、日頃の研究成果・実践内容をご発表ください。
ご応募をお待ちしております。

認定ホスピタルエンジニア(CHE更新点)
学会参加 15点
一般演題などの発表 第1演者 15点/回
          共同演者  5点/回

第46回日本医療福祉設備学会 一般演題優秀発表賞 受賞にあたって

演題分野

A. 医療・看護

B. 在宅医療・介護・福祉

C. 医療安全・リスクマネジメント

D. 臨床工学・機器管理

E. 感染制御

F. 医療福祉機器・設備

G. 医療情報・ICT

H. 環境・廃棄物

I. 規格・標準化

J. 病院経営

K. BCP

L. FM

M. ホスピタルエンジニアリング

N. 省エネルギー

O. 空調・衛生設備

P. 電気設備

Q. 医療福祉施設設計・建設

R. その他

募集要項

申込受付期間:2018年3月26日(月)~8月3日(金)17:00まで

  1. 一般演題の演者(発表者)は、原則として、一般社団法人日本医療福祉設備協会の会員(個人・法人)であることとします。ただし、共同演者は、この限りではありません。
  2. 一般演題の演者(発表者)が学生、大学院生、研究生等の場合は、会員(個人・法人)であることを要しません。ただし、この場合は、共同演者のなかに少なくとも1名の会員を含んでいることが必要です。
  3. 演題の内容は、新規性かつ学術性のあるものとします。
  4. 演題発表時間は、1演題15分(発表12分、質疑応答3分)です。
  5. 演者持参のパソコンを使用し発表することとします。なお、プロジェクタは学会事務局で準備します。
  6. 一度WEB上で登録した内容(演題概要等)は、演題の申込受付期間内に限り修正ができます。なお、修正には、『WEB応募フォーム(一般演題)』送信後に自動返信される『一般演題 応募受付けのお知らせ』に記載の「ログインID」と「パスワード」の入力が必要となります。

応募の演題は、プログラム委員会で審査後、採否結果を8月下旬にメールで通知いたします。

演題採用の場合は、発表者(主演者および共同演者)は、
学会登録(参加費のお支払い)が必要です。
本ホームページより11月6日(火)までに事前参加登録をお済ませください。
また、応募時に「一般演題Web応募フォーム」に記入の発表概要を、
『第47回日本医療福祉設備学会・予稿集(会誌「病院設備」11月号)』に掲載します。

一般演題の募集は終了いたしました。