IHEA(オーストラリア医療福祉設備協会)

 「IHEA(オーストラリア医療福祉設備協会)主催IFHE国際医療福祉建築賞2018」
 募集のお知らせ

 当協会(HEAJ)は、日本を代表してIFHE(国際病院設備連盟)に加盟し、IFHE国際設備学会ならびに定例の評議員会において、積極的に活動を行っております。
 来る2018年10月に開催される「第25回IFHE国際病院設備学会」のホスト団体であるIHEA(オーストラリア医療福祉設備協会)は、グローバルな顕彰プログラムとして、IFHE加盟団体および会員へ、ヘルスケア分野における優れた建築プロジェクトを募り、IFHE Healthcare Building Award 2018(IFHE国際医療福祉建築賞2018)を選定し、IFHEオーストラリア国際学会ブリスベン会議にて表彰を行います。
 IFHE国際医療福祉建築賞は、2016年にオランダで開催された第24回IFHE国際病院設備学会ハーグ会議で創設され、各国より推薦を受け応募した40の医療福祉施設の中から、日本の足利赤十字病院が「最優秀建築賞」を受賞しまた。また、東京都健康長寿医療センターがトップ10に選ばれました。
 当協会会員の皆様、特に医療福祉施設の設計に携わる会員の皆様は、奮ってご応募ください。

エントリー方法
http://event.icebergevents.com.au/ifhe-2018/awardよりお手続きください。
※エントリー期限 2018年6月1日(金) 21時(日本時間)

エントリー条件
すべてのヘルスケア部門から医療福祉建築プロジェクトを募集します。
12か月間使用されている建築物であることが条件です。
新築、修復もしくは改築を問いません。
エントリーすることで10月の「第25回IFHE国際病院設備学会」への参加への意思表示(別途申し込み必要)とします。

※エントリー条件は、参考和訳(要点のみ)です。 詳細は、上記ホームページ(URL)にてご確認をお願いします。

  • 近年の主な事業活動について